「季節の暮らし」Vol.1

暖房をいつから、何度から使い始める?
冬の平均気温や電気代から考える

本格的な冬が近づいて、そろそろ暖房が欲しくなる時期。光熱費がかさむから暖房をつけるのはまだ早い? それとも我慢し過ぎている? 暖房をつけるタイミングに悩む方へ、暖房を使い始める目安と効果的な暖房についてご紹介します。

データ①:「家計の支出額」から見る暖房の使い始め時期

総務省の家計調査によると、2人以上世帯の光熱費(全国平均)は11月から上がり始め12月から本格的に増大することがわかります。支出の平均で見ると11月からが暖房シーズンと言えそうですが、北から南まで長い日本では地域の気温差が大きく、北海道などでは10月上旬からストーブを使い始める家庭も多く見られます。

2人以上世帯の光熱費(全国平均)
【総務省統計局家計調査家計収支編:二人以上世帯光熱費全国より】

データ②:「不快指数」と気温の関係

では、そもそも人は何度から「寒い」と感じるのかという観点からも見てみましょう。
人が生活する上で「不快」と感じる体感を数値で表した「不快指数」を元に考えてみます。不快指数は「気温(乾球と湿球に分かれている乾湿計において、乾球計側で測られた乾球温度。一般的に使われている「気温」と同じです)」と「相対湿度(乾湿計において、乾球と湿球の温度差から算出したもの。一般的に使われている「湿度」と同じです)」によって決まります。

気温を T度,相対湿度を H %とした場合、不快指数は
0.81×T+0.01×H(0.99×T-14.3)+46.3
という式で計算されます。

この計算により不快指数が60を下回った状態では、ほとんどの人が肌寒さを感じるとされています。

不快指数60とは、気温でいうと何度にあたるのでしょうか?
湿度を仮に68%(東京の10月の平均湿度)とすると、不快指数60になる気温は15.9度。10月でも気温が16度前後になれば、ほとんどの人が肌寒さを感じることになります。
実際には、室温が16度というのはかなり寒い状態。室温が16度以下になると、呼吸器疾患に影響が出たり、快眠が損なわれたりするといった研究データも出ています。

データ③:全国主要都市、冬前後の平均気温を見てみよう

全国主要都市過去30年の10~3月の平均気温をまとめたのが以下です。

【気象庁過去の気象データより】

平均気温が10月に16度以下になるのは札幌、仙台だけですが、11月には上記6都市すべてが16度を下回ります。ただし、最低気温は10月でも16度を下回ることがわかります。

「健康」のためには暖房をいつから使い始めると良いのか考える

寒くなると体調を崩す人が増えるのは誰でも感じること。実際月別の死亡率をみても冬場(11月~3月)の死亡率が、年間の平均より高くなっています。

2016年度の月別死亡率
【平成28年 人口動態統計:月別にみた年次別死亡数及び率より】

ただ、寒い地域ほど死亡率が高いかというと、そうではないようです。都道府県別の疾患死亡率をみると、冬に死亡率の高くなる3疾患の死亡率上位は意外なことに温暖な地域。最も寒さの厳しい北海道はいずれも比較的低い死亡率です。
温暖地には断熱性能の低い住宅が多いことと、南下するほど暖房の設定温度が低くなる傾向があることが、このような結果を生んでいるのかもしれません。北海道は厳寒地である一方、室内の暖かさでは日本一という面があります。

高血圧性疾患 心疾患 呼吸器疾患
1位 佐賀 1位 高知 1位 高知
2位 徳島 2位 岩手 2位 徳島
3位 秋田 3位 愛媛 3位 鹿児島
34位 北海道 27位 北海道 29位 北海道

【平成28年 人口動態統計:都道府県別にみた死因簡単分類別死亡率より】

健康面から見ていつから暖房を使い始めるかについては、「11月」がひとつの目安になります。季節病(ある季節になると死亡率が上がる疾病)の中でも代表的な「高血圧性疾患」「心疾患」、「呼吸器疾患」は、11月から発症率が高まります。
11月は平均気温が大きく下がるので、「まだ大丈夫」と無理をせず、早目に暖房をつけて温度差を作らないのが賢明です。

いつから始めるかで暖房にかかる電気代はどう違う?

冬場の暖房費は、夏の冷房費に較べると期間も長く金額も大きいので、家計の負担も大きくなります。それではもう一度光熱費の平均を、内訳とともに見てみましょう。

下の表は、二人以上世帯(全国)の1年間の光熱費平均を表したものです

【総務省統計局家計調査家計収支編:二人以上世帯光熱費全国より】

光熱費は11月からわずかに上がり始め、4月~5月半ばまで高い支出が続きます。でもよく見ると11月の電気代はまだ高くありません。「他の高熱(灯油など)」が上昇しているのを見ると初めはストーブなどを使用する世帯が多く、エアコンなどを使うのは12月以降となっているようです。これは、エアコンなどをメインの暖房として使用する世帯は、気密性、断熱性が高い住宅が多いことも理由としてあるかもしれません。

ピーク時の2月と11月の電気代を見ると差額は4,617円。上昇分がすべて暖房によるものと仮定するなら、早めの11月からフル稼働させると4,617円光熱費が増すことになります。
しかし、健康のためには早めに室内を快適環境にすることが大事です。早めに暖房を入れた分、春はズルズルと使い続けず、服装で調整するなどの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ
暖房は11月から。室温20℃以下になったら使用を検討

家計の支出額や不快指数などから、一般的に11月から暖房を使い始める傾向にあることがわかりました。そして疾患などを防ぐ健康面からみても、11月頃から使い始めるのがよいと考えられます。
電気代はピーク時に4,000円以上の上昇を示すこともあるでしょう。しかし節約のために我慢をして病気にかかってしまうのも良くありません。電気代も大事ですが、身体のことも考えて、いつから暖房を使い始めるかを考えましょう。

家電チャンピオンのワンポイント

ヒートショックに関連した「入浴中急死」は、交通事故死亡者の3倍以上、17,000人もいると推計されています(東京都健康長寿医療センター研究所による2011年の調査より)。居間などの普段生活する部屋だけでなく、脱衣所や浴室などにも暖房器具を設置することでヒートショックを予防しましょう

中村 剛(なかむら つよし)
東京電力エナジーパートナー(株)
リビング事業本部副部長(リビング・デジタルメディア担当)

2002年、テレビ東京系列で放映された人気番組『TVチャンピオン』のスーパー家電通選手権で優勝。
現在は、当社がFacebookとYouTubeで配信する動画マガジン「くらしのラボ」にて暮らしに役立つ動画を配信している。
リンクはこちら→『くらしのラボ』