家電チャンピオン・中村剛の家電のはなし・暮らしのアイデア

夏休みシーズン特別企画 -1- 手軽に作って楽しく食べる!調理家電でおいしい朝食づくり
ホームベーカリー、ホットサンドベーカー、ヨーグルトメーカーを使った調理例の写真


料理の効率や食の楽しさをグッと高めてくれる便利な調理家電。
今回は夏休みシーズンの特別企画として、
楽しみながら簡単に作れそうなメニューを、実際に調理家電を使って作ってみました。
前編は、さまざまなアレンジが楽しめる「朝食づくり」を紹介します。

もちもち&ふわふわの食感 グルテンフリーの米粉食パン

IHホームベーカリー KBD-X100/タイガー ※9月発売予定
IHホームベーカリー KBD-X100/タイガー ※9月発売予定

市販の食パンでは味わうことの出来ない、熱々でカリッとした歯ごたえや香ばしさ、ふわふわ、もちもちの食感を味わうことが出来る焼きたてのパン。それを簡単に味わうことができるのが、ホームベーカリーです。最新のホームベーカリーには、定番の食パンだけでなく、さまざまなパンが作れるモデルもあります。今回は、小麦アレルギーの方も安心して食べられる、グルテンフリーの米粉食パンを作ってみました。
ホームベーカリーを使えば、粉に水分を含ませながら手でこね続けたり、微妙な発酵具合を見極めたりといったパン作りの技術は不要。いくつもボウルを使ったりしなくて良いため、調理後の洗い物も少なく済みます。
出来上がりのお知らせ音が鳴り、フタを開けると、焼き立てのパンの良い香りが一気にあふれ出してきました。パンを取り出し、スライスすると、中から湯気が立ち上って食欲をそそります。熱々のまま、何もつけずに口にすると、薄皮のパリッとした食感と、米粉ならではのもっちりとした食感が広がり、小麦粉のパンとはひと味違う豊かな味わいが堪能できました。
ホームベーカリーには予約タイマー機能がついているモデルもあり、たとえば夜寝る前にセットしておき、朝食のタイミングで焼き上げることも可能です。ちなみに、今回使用した製品は、パンだけでなく、うどん・パスタの生地、ケーキやわらびもちなども作れる機能があり、朝食以外でも活躍してくれます。

IHホームベーカリー KBD-X100/タイガーを使って米粉パンを焼き上げるまでの写真
カリッ!フワッ!トロ~リ!ハムとチーズのホットサンド

ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200/ビタントニオ
ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200/ビタントニオ

2枚のパンの間に好きな具材をはさんで焼き上げるホットサンドは、普通のサンドイッチにはない、カリッとした食感や、温まった具材のおいしさが味わえる一品です。ハムとチーズだけのシンプルなホットサンドもおいしいのですが、今回は、きゅうりのピクルスやブラックペッパー、粒マスタードを加えた、ちょっとリッチなホットサンドを作ってみました。 具材をはさんだパンを予熱したプレートで焼き始めて3~4分、好みの焼き色になれば完成です。焼き立てを切り分けてかぶりついてみると、外側のカリッと感、パンのフワッと感、具材のジューシーさが渾然一体となったおいしさが口の中いっぱいに広がり、一気に食べ終わってしまいした。
ホットサンドの良さは、具材の組み合わせや分量を自由に変えてアレンジできることです。今回の調理時も、ピクルス多め、マスタード抜きなど好みにあわせてアレンジして作りました。
この他にも、ベーコンやツナ、サーモン、アボカドやキャベツ、トマトソースなど、具材や調味料の組み合わせを変えていけば、毎朝食べても飽きることがありません。スライスしたバナナやジャム、あんこなどを入れたスイーツ系のホットサンドもおすすめです。

ワッフル&ホットサンドベーカー VWH-200/ビタントニオを使用してホットサンドを調理する写真
おいしい腸活をはじめよう!
カスピ海ヨーグルト

ヨーグルトメーカー VYG-11/ビタントニオ ※8月下旬発売予定
ヨーグルトメーカー VYG-11/ビタントニオ ※8月下旬発売予定

ヨーグルトを食べることを習慣にされている方も多いのではないでしょうか。 そんなヨーグルトを、簡単に作れるヨーグルトメーカーを試してみました。市販の牛乳パック(500mlまたは1000mlサイズ)をそのまま使い、市販のヨーグルト(無糖・無添加)を種菌として入れてよくかき混ぜれば下準備は終了。カバーをして温度とタイマーをセットすれば、あとは出来上がりを待つだけです。
今回は種菌としてカスピ海ヨーグルトを使いました。出来上がったヨーグルトを食してみると、カスピ海ヨーグルトならではの独特な粘り気があってとろりとした食感が心地よく、今回、トッピングとして加えたフレッシュフルーツやハチミツとの相性もばっちり。ナッツやシリアル、メープルシロップ、フルーツピューレなど、トッピングを変えればさまざまな味わいが楽しめます。
この製品では、作ったヨーグルトを、次に作る際の種菌としても使えるので経済的です。一般的にヨーグルトの効果を得るためには一日あたり200~500gほどを最低2週間~1か月間食べる必要があるとされ、手軽に、かつリーズナブルに作ることができるヨーグルトメーカーがあれば、ヨーグルトを毎朝の食習慣としてスムーズに定着させることができそうです。

ヨーグルトメーカー VYG-11/ビタントニオを使用してヨーグルトを作る様子
BALMUDA The Gohanのごはんとカレー

[家電チャンピオンのネタ帳]

BALMUDA The Gohanのごはんとの相性が抜群です。
「BALMUDA The Curry」

バルミューダ独自の二重釜構造を使い、蒸気によって炊き上げた粒立ちとほぐれの良さ、抜けるような香ばしさ、透明感のある味わいのごはん。老舗カレーショップと共同開発したオリジナルカレーソース「BALMUDA The Curry」と組み合わせると、家で絶品のカレーライスを楽しむことができます。大人向けの強い辛さで、サラリとした質感のカレーは、抜けていく香り、食後に残る爽やかさがたまりません。

中村 剛(なかむら つよし)

中村 剛 (なかむら つよし)

東京電力エナジーパートナー株式会社


2002年、テレビ東京系列で放送された人気番組『TVチャンピオン』のスーパー家電通選手権で優勝。「くらしTEPCO」の中で家電製品の情報を一元管理できるコンテンツ「家電アシスト」の開発も担当している。家電のほか、無類のネコ好き。

関連リンク

くらしTEPCO会員登録 ・・・会員にご登録いただくと、すべてのコラムを閲覧いただけます