「Wi-Fi(ワイファイ)」。
みなさんも、聞き覚えのある言葉だと思います。
簡単に言えば、それは、ケーブルなしで、
モノとモノをつなぐネットワーク技術のこと。
でも、ちょっと難しそうに感じていませんか?
Wi-Fi導入は、いたって簡単。
しかも、あなたの暮らしに新しい快適さをもたらしてくれます。
今回は、家と家電製品のつながりを中心に、
ホームWi-Fiのツボとコツをご紹介します。

 パソコン、プリンターやデジタルカメラなどの情報機器をケーブルなしでつなぐ「Wi-Fi(ワイファイ)」。モノとモノを無線でつなぐWi-Fiは、インターネット時代に対応したネットワーク技術です。Wi-Fiを利用するために必要なものは基本的には以下の3つです。

(1)インターネット回線(光回線やADSLなど)
(2)親機・Wi-Fiルーター(無線LANルーター)
(3)子機・Wi-Fi対応機器(パソコン、タブレット、プリンター、各種家電製品などの端末機器)

 「Wi-Fiルーター」は、たとえて言えば、コードレスフォンの親機のようなもの。一方、子機にあたるものがパソコンやプリンターとなります。親機を通じて子機が無線でつながる、つまり、ルーターを経由して、パソコンとプリンターが無線でつながるという仕組みがWi-Fi接続なのです。
 そして、このWi-Fi環境をご家庭に導入することのメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

(1)ケーブルレスで、家の中がすっきりする。
(2)パソコンやタブレットがより快適に使える。
(3)Wi-Fi対応の家電製品をタブレットやスマホでコントロールできる新しい暮らし方が生まれる。

 Wi-Fi環境を導入することで、さまざまな快適さを手に入れることができます。そのために必要なステップは、ご家庭で契約されているインターネットの回線に「Wi-Fiルーター」を接続するだけです。
 最近では、プロバイダーから提供されるモデムそのものにWi-Fi機能が搭載されていることもありますのでチェックしてみてください。

 パソコンやタブレット、プリンターやデジタルカメラ、オーディオ機器……。みなさんのご家庭にある情報機器や家電といった製品がワイヤレスでつながる。ご家庭内にさまざまな情報機器が増えても、室内がケーブルだらけにならずスッキリしていることは想像しやすいことと思います。でもWi-Fiのメリットは、それだけではなく、モノの使い方がより快適になるということにあります。
 その具体的な商品が家庭用プリンターです。プリンターといえば、パソコンが置かれているデスクトップ周辺に設置してケーブルでつないで利用するというのが定番でした。しかしワイヤレスでつながることで、プリンターは、その置き場所の制約から解放されました。たとえば、リビングに設置して、家族みんなでシェアするという利用方法も増えています。そんなユーザーの使い方の変化に合わせて、インテリアにフィットするスタイリッシュなデザインのモデルも数多く登場しています。

 同じように使い方が変化した商品に、オーディオ機器とスピーカーの関係も挙げられます。最近では音楽CDなどを自宅のパソコンやハードディスク、音楽プレーヤーなどに取り込んで楽しむスタイルも一般化してきましたが、Wi-Fiに対応したスピーカーやヘッドフォンであれば、ご自身やご家族のミュージックライブラリーをケーブルレスで聴くことができます。
 一方で、Wi-Fiにより、今までにない新しい楽しみ方が生まれる点も見逃せません。
 たとえば、家電の代表的な存在であるテレビ。最近では、Wi-Fi対応のテレビやレコーダーも数多く登場しています。これまでリビングに置かれた1台のテレビをみんなで共有するという使い方が一般的でしたが、番組や映画を複数の映像機器で、Wi-Fiネットワーク内であれば、部屋を選ばず視聴できるようになりました。録画した番組の映像データを、Wi-Fiを経由してタブレットやスマホで視聴することができます。ベッドルーム、あるいは外出先など、テレビの前に座わらずとも、いつでもどこでも録画した映画や番組を楽しむことができるのです。このような映像のさまざまな楽しみ方の広がりにも、Wi-Fiネットワークが一役買っています。

 配線の煩雑さと制約から解放され、パソコンを介さずともさまざまな機器をワイヤレスでつなげてくれるWi-Fi。そしてホームネットワークの世界のこれからの主役は家電。Wi-Fi環境にさまざまな家電を置くことで、家全体を統合的にコントロールすることが可能になるのです。そのとき、スマホやタブレットは、家全体を操作するリモコンのような役割を果たすことになり、室内のみならず家の外からでも家電製品を操作することもできるのです。ここではWi-Fiで便利に操作できる具体的な例をいくつか紹介します。

(1)エアコンやレコーダー
スマホのアプリを使って、外出先からでも、帰宅時間に合わせたエアコンの設定温度を調節、遠隔操作でオン・オフすることができます。同様に、レコーダーなどの映像機器でも、急に観たくなった番組の録画予約を外出先から行うことができます。さらに、録画した番組をスマホやタブレットで再生することもできます。
(2)加湿器
あなた自身がどこにいても、適切な湿度コントロールを行うことができますし、将来的には気象情報と連動して、最適な加湿状態を自動で作り出す、ということも実現するかもしれません。
(3)冷蔵庫
冷蔵庫内にWi-Fiに対応したカメラユニットを搭載した機種も発売されています。お買い物の際にスマホでチェックすれば、食材の材料チェックや重複買い防止に便利ですね。
(4)ヘルスメーター
体重測定や体脂肪率などを計測するデジタルヘルスメーター。データを蓄積しておけば、パソコンやスマホから日々の状況をチェックでき、健康管理に役立ちます。
 このように、使い慣れた家電製品がインターネットを介してつながることで、今まで以上に便利になります。そんなワクワクするような家電の未来を支えるインフラがWi-Fiなのです。

 さて最後にちょっと先の未来のお話です。このところ「IoT(アイ・オー・ティー)」という単語を耳にすることはありませんか? IoTとはInternet of Thingsの頭文字をつなげたもの。インターネットを通して、モノとモノとがつながることを意味します。その先駆けとなったのが、オランダに本社を置く家電メーカー、フィリップスのLED照明でした。『Hue』という愛称のこの商品は、2014年に発売され、日本国内でも購入できます。Wi-Fi機能によりLED照明がインターネットとつながることで、スマホにインストールしたアプリをタップするだけで、明るさや色の調整を行うことができます。自分好みの調光が可能なだけでなく、目覚めの時間帯はさわやかな青色光に、夜は暖かな暖色系に切り替えるといった、人の気分や生態に合わせてお部屋を照らすこともできます。また子どもたちの就寝時間に照明を消灯するようにタイマーを設定しておけば、照明が気づきを促すことにもできますし、旅行中に旅先からスマホで留守宅の照明を点灯させたりすることもできますので、防犯にも役立つものです。
 今後、本格化するIoTの時代では、家のなかにあるさまざまなモノ同士をワイヤレスでつないでくれるWi-Fi環境は、新しい家電ライフの必需品と言えます。そう、それは、これまでの“便利”を格段に向上させる“魔法のようなツール”なのです。

Wi-Fi技術を使い、インターネットを経由してスマートフォンやタブレットから操作できるLED照明。オン・オフといった基本動作をもちろんのこと、風景写真からカラーをピックアップして色を変えるなど、従来の照明の概念にはない細やかな調色を感覚的にコントロールできるなど、ユニークな機能を満載したIoT家電の代表的存在。
(2014年6月発売商品)

フィリップス「Hue」
Hue LEDランプ スターターセット v2
Hueランプ×3、ブリッジ×1、ACアダプタ×1、LANケーブル2m×1のセット。
オープン価格

アンテナの角度を変えて電波の向きを、お住まいの環境に最適化できる3本の大型可動式アンテナを採用。アンテナ内蔵タイプではできない、縦横自在なWi-Fi電波環境のカスタマイズにより、家の隅々まで高速で安定した電波供給を実現している。
(2015年8月発売商品)

バッファロー 無線LANルーター親機
「エアステーション/WXR-1750DHP」
1万6500円(税抜)

 それでは今回も、この一句で締めたいと思います。

中村 剛 (なかむら つよし)

東京電力エナジーパートナー株式会社


テレビ東京系列で放送された人気番組「TVチャンピオン」のスーパー家電通選手権において2002年に優勝。「くらしTEPCO」の中で家電製品の情報を一元管理できるコンテンツ「家電アシスト」の開発を担当している。

関連リンク

くらしTEPCO会員登録 ・・・会員にご登録いただくと、すべてのコラムを閲覧いただけます